断捨離が生活に与える効果

最近断捨離を始めた。部屋の模様替えでベッドや洋服ダンスを一新したのを機に、必要以上のものをすべて処分することにした。中には持ってたことさえ記憶の彼方に消し去られたものもあっていかに自分が余分にものを抱え込んでいたかを反省。私には必要なくても誰かの役にたつことがあるかもと使えるものは寄付することにした。狭い、狭いと思っていた我が家だが、必要なものだけになってみると意外にスペースがあることにも気づかされた。

断捨離をすることで、サッカー日本代表の長谷部選手ではないが、「心を整える」ことができたように思う。掃除もやりやすくなったので掃除機かけるのも楽しいし、部屋が片付いていることで漂う「気」にも差がでているように感じる。問題はこの習慣を当たり前にし続けていくこと。これから自分に必要なものは何かを見極めて生活していきたい。